英語の先生と会えるアプリ「フラミンゴ」は本当に会えるのか?検証してみた結果… カテゴリ: 英語学習アプリレビュー


 

オフラインレッスンに向いている人&受講の際のコツ

さて実際にアプリ「フラミンゴ」を使ってオフラインのレッスンを受けてきたのですが

どんな人に向いているのか?また受講の際のポイントはある?

という部分を最後にお話しさせていただこうと思います。

 

まずオフラインレッスンに向いている人に関しては

1、一人ではあまり勉強する気になれない

2、勉強というより直接の会話を含めて楽しみたい

3、ある程度の移動時間、レッスン時間が定期的に確保できる

4、オフラインで得た学びをオンラインで活かせる

 

このあたりが大事なのではないでしょうか?

 

1、一人ではあまり勉強する気になれない

座学と言って一人で机に座って学ぶ時間もやはり必要ですが、特に学び始めの時や

そもそも座っての勉強は苦手という人もいるかと思います。

そういう方は昔の僕のようにエイッと飛び込んでみるといろんな発見があると思います。

 

2、勉強というより直接の会話を含めて楽しみたい

英語はツールなんだから、机だけ、オンラインだけ、じゃだめでしょ?という方も多いとは思います。

もちろんその通りだと思います。最終的に行きつくところは「バランス」なのですが、

この対面で話すスキルって結構こういう機会があるかないかで変わってくるんです。

以前ツイッターでオフライン交流会をした時に、ブリティッシュパブで外国人とみんなで

話すというアクティビティーをしたのですが、参加者の一人の方がいつもリスニングの勉強を

一人でしてたけどこんなにうるさいところで英語を聞いたことがないので全くわからない、という

事をおっしゃっていたのを思い出します。そうなんです、現実の世界でのリスニングの対象の音には

周りの雑音、騒音が含まれます。だからこそ、こういった対面の機会があるかないか、は実践的なスキル

という意味でも大事なんですね。

 

3、ある程度の移動時間、レッスン時間が定期的に確保できる

オンラインのメリットがいつでもどこでも、であるならオフラインのデメリットは

いつでもどこでも、というわけにはいかない、ということになります。

移動時間はかかりますし、約束の時間も当然守れなければいけません。

オフラインのレッスンをしている講師の方が最も辟易するのが「ドタキャン」です。

これが嫌でやめてしまう講師の方は多いです。なので、オフラインレッスンを受ける際は

みなさん自身もぜひ講師の方の立場に立って、時間に余裕のある状態で受講するように

してみてくださいね。講師の方はみなさんの為に時間を作ってくれ、そして楽しみに待っているわけです。

双方が気持ちよくレッスンができる場作りができるかどうか、はレッスンの費用対効果にも影響してきます。

講師の方のパフォーマンスを最大限に引きあげる意味でもまずは信頼関係が大事なのだと思います。

 

4、オフラインで得た学びをオンラインで活かせる

少しプラスα的な側面になりますが、オンラインには英語学習者が活用すべきツールが多くあります。

英語の学習アプリもそうですし、YouTube、NETFLIX, Huluなどの動画視聴サイトからはたまたポッドキャストまで、

オンラインだけでもかなりのレベルまでたどり着くことは可能だとます。ただしかし、実体験としてのオフラインの体験を

している人には強みがあります。

 

以前、「さがやんさん」という方とオンライン番組でお話しさせていただきました。

さがやんさんは当時ニューヨークに住む学生さんでした。

「ニューヨークに住んでて英語を学ぶことってどうですか?」と聞くと彼は「こっちには緊張感がある」という話を

してくださいました。実際に学校や日々の暮らしで使う英語には、学習の域を超えた緊張感があるのだと思います。

聞き逃せない、という緊張感。意味を理解して読まないといけない緊張感。誤った情報を与えない、という緊張感。

ただ同時に、これらの緊張感は意識次第で日本で英語を学ぶ人でも高められる意識だ、と彼は付け加えていて、

強く共感したのを覚えています。

 

オフラインで得た体験をオンラインに持ち帰れる、日々の学びの中に活かせる人、

というのはきっと語学という側面での成長も早いのだと思います。

オフラインレッスンを受けるメリットはこのあたりにもとても効いてくると思います。

 

オフラインレッスンを受ける際のポイント

オフラインレッスンはしっかりと活用しないとただ話して終わり、になってしまうケースも少なくありません。

逆に言うと戦略と計画を持って受講を継続すれば、語学の成長もしっかりと思った上昇を描けるのではないでしょうか。

 

1、全く話せない状態はまず自分で乗り切ってから受ける

2、自分が何をしたいのか自分の中ではっきりさせる

3、わかったふりはご法度

 

まず

1、全く話せない状態はまず自分で乗り切ってから受ける

ですが、マンツーマンのレッスンを全く話せない状態で受けるとどうなるか、というと

(僕の初回レッスンのように…)ただただ目の前を過ぎていくよくわからない言葉、を

右から左へ受け流して終わる、ということになります。

なんとかかんとか聞き返したり、自分の知ってる言葉を繋げてコミュニケーションを図るので

学びがゼロだとは言いませんが、相当費用対効果は低いはずです。

良い体験をした、と割り切ることもできますが、それだけでは語学は上達しません。

まずは基礎文法、基本の発音、レッスンで使いそうなフレーズ、あたりはカバー

出来ている状態で受けたほうが学びは多いはずです。

 

2、自分が何をしたいのか自分の中ではっきりさせる

英語のレッスンを受ける以上、ほとんどの講師の方はとても当たり前のようにこう聞いてきます

“Why do you study English? 君はどうして英語を勉強しているの?

 

これ、僕は初めて聞かれたとき、答えることができなかったんです。

なんでって、いやそのなんとなく、というか軽い気持ちなわけじゃないけど英語話せたらいいな

と思って…、みたいなことを言おうとしたんですがうまく行かず well… をひたすら言ってた記憶があります。

 

結局のところ、英語を学ぶ目標が定まってなかったんですね。それでは先生も具体的なアドバイスができないし、

こんなことをしてあげたい、というアイデアも沸きにくいはずです。

 

“Why do you study English? は絶対来る質問なのでしっかり準備しておきましょうね。

まあ、とりあえずやってみたいんだよ、と言う人には

“Because I want to broaden my horizons.” 自分自身の視野を広げたいから、

という、とりあえず答えるにはもってこいの汎用性の高いフレーズをお伝えしておきます(笑)

 

3、わかったふりはご法度

実際に対面してレッスンをするとやはり英語話者の自然な英語を実際の会話の中で

聞き取って理解していくのは難しいなあと感じる方は多いと思います。

そんな時はぜひわからなかったら聞き返す、という基本姿勢を崩さないようにしてください。

聞き返す、という行為は動画を見ている時の「巻き戻し」機能に近い効果があります。

 

分からない→聞き返す→わかるように言ってくれる→そのレベルはわかるようになる

 

このサイクルを繰り返せる人の成長は目覚ましいものがあります。

ぜひ、あー、はいはい、みたな感じで聞き流してしまわず、わからなかったらその場で

聞き返す、という癖をつけるようにしてくださいね。

 

“Could you say that again?” もう一度言ってもらえますか?

これを1000回くらい口に出して寝ても覚めてもこれがパッと口に出る状態で

レッスンを受けるようにしましょう。

 

 

さて、本日紹介したアプリ「フラミンゴ」いかがだったでしょうか?

僕自身一人の講師の方の授業しか受けていないのですが、チャットでレッスン内容を決める時点から

とても好印象の講師のかたばかりでした。

 

ぜひ今日お伝えしたポイントを参考に、ぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか?

無料レッスンや初回割引レッスンなどもあるようなのでぜひ活用してみてください。

 

SnapCrab_NoName_2017-10-4_14-4-30_No-00

アプリ名:フラミンゴ ダウンロードはこちら

カテゴリー:オフライン語学レッスン

対応:iOSのみ ※Andoroidは近日リリース予定

価格:無料(2017.10.04現在) 各レッスン受講料、カフェ代は別途要