英語学習絶対成功の鍵「習慣」を味方につける方法 カテゴリ: 英語学習全般


 

 

スクリーンショット 2013-12-10 21.10.04

 

習慣化のポイント4つめ


素材を選ぶ

 

最後のポイントです。
それはなにを選ぶか。

 

あなたが好きなものを選んでください、
と言ってしまえばそれで終わってしまいます。

 

多くの記事でもそう書いているのを僕自身目にしてきました。
好きなものを選ぶ、
それができれば苦労をしていないわけです。

 

というか、英語を始めたばかりで何が、どんな素材があるかも分からない状態で
好きなものがなにか、がまずわからないわけです。

 

僕からのアドバイスとして
「好きなものが見つかるまではニュースと日常表現に特化すればいい。」

 

ということです。

 

好きなもの、というのは緩やかな専門性を帯びたもののこと。


音楽だったり、コンピューターだったり、サイエンスだったりと。
もともと強く、進みたい道がはっきりしていたらそれはそれを選べばいいです。

 

ただ多くの人は好きなもの、と言われても…
と思う筈です。それは何もおかしいことじゃありません。

 

好きなものはこれから見つけるもの、そう思ってみてください。


その為のとっかかりとして毎日の習慣にできる素材は
ニュースと日常会話です。

 

ニュースと日常会話と言っても色々あって迷ってしまうと思います。

厳密に言うと「日常会話」なんてジャンルはありはしません。

日常会話になり得ない話題などほとんどないはずですから。


情報の収集の基本はニュースです。
そして英語が話せるようになる先は日常です。
ニュースと日常会話、この2つがいらない人というのはほぼいないと思います。


この2つをしっかり抑えておくことで、そこから先の選択にとても有利な
土台ができるのです。

 

具体的なものをいくつかおすすめとしてあげておきます。

 

ポイントは

 

簡単なもの、または日本語のスクリプトがついているもの、です。

 


簡単なもの、を甘く見ないでください。
どれだけ英語が上達しようとも、簡単なものを正確に理解すること、
の上に全ては積み重なっていくものです。


だからまずは、負荷の少ない、10分程度で終わる、でも毎日自然と
続けられるものを見つけてみてください。

 

○「ニュースが読めるようになりたい」という人へ


News In Levels

スクリーンショット 2013-12-16 20.36.52

http://www.newsinlevels.com/

 

自分の英語力に合わせた英語の記事が読めるサイトです。

 


一番簡単なものだと1つ読むだけで早ければ数十秒で終わります。
英文で記事を読むというのはなかなかにハードな作業です。

まだまだ習慣化ができていない人には絶対におすすめしません。

 

 

いきなりそこに飛びつこうとするよりも、まずはどれだけ簡単でもいいので、

毎日1つ、これだけは読む、という習慣を付けてから挑戦してみてはいかがでしょう?

 

 

 

○「音楽が好き」という人へ


Music English

スクリーンショット 2013-12-16 20.37.15

http://musicenglish.co.uk/

 

洋楽を歌詞付きで表示してくれるサイトです。
毎日一曲聞くだけでいいんです。


文字を見ながら聞く、というのは読んでいるのと同じです。


歌のリズムに合わせて聞きながら読んでいる、という状態です。
意味を調べたければ調べてもいいですし、調べなくてもいいです。
聞き方に決まりなんかありません。自分が毎日できそうな接し方を見つけてください。

 

 

○「日常会話」が目標の人へ

 


Daily Pronunciation Practice

スクリーンショット 2013-12-16 20.37.32

http://www.manythings.org/lar/

 

 

毎日日替わりで短い自然な英語の文章を届けてくれるサイトです。
文章の間隔が調整でき、また英語も自然な英語です。

 


これが自然な英語か、とこれまで教科書でしか英語に触れた事のなかった
自分はとてもワクワクしながら毎日聞いていました。(今でも聞いています。)


とてもシンプルな文章ですが、一回目は文字を見ずに聞き取れるかやってみてください。
以外と、え?なんて言ってんの?っていう文章が出てきたりします。


で、文字をみるとこんな簡単なこと言ってるのか、と驚く事もあるはずです。


文字と音がまだ一致していないんですね。


聞き取り能力というのはその力を高めていくことにほかなりません。


文字をみながら、聞き取りの練習もできるこのサイトはおすすめです。
英文も自然ですし、日々新しいものが届き、かつ10個程度なので、あっという間に終わります。

 

 

 

○日常会話が目標の人へ その2


Real英会話

スクリーンショット 2013-12-16 20.37.50


https://itunes.apple.com/jp/app/real-ying-hui-hua/id373563219

 

英語に関して数々のアプリ、数々のツールが出ていますが、

間違いなくこれが本命、もう1択といっていいと思います。


自然な英語、これなんて言えばいいの?の答えがたくさんあります。


テリーさんに質問もできるし、みんなの質問に答えてくれたものを
検索して調べれたりもします。


日本人のみんなの質問なので、自分が言えないこと言いたかったことと
非常にマッチしていて参考になります。


FBページやTwitterアカウントとも連動していて、
まさに現代の生きる英語百科辞典、恐るべき情報量と信頼度の高さです。

 


毎日起きたらいくつか選んでみる、口に出して言ってみる。
自分が言いたい事を選ぶと驚くほどすーっと頭に入るものです。

 

僕は毎日一つ、おーこれはスッと言えないなあ、というものを選び

100回くらいその日が終わるまで思い出したら呟くようにしています。

 

 

 

 

○誰でも選べるリーディング素材


IBCのラダーシリーズ

スクリーンショット 2013-12-16 20.38.02

http://www.ibcpub.co.jp/ladder/

 

自分の英語に合わせて語彙や難易度が選べる有名シリーズです。


僕はしばらくこのラダーシリーズの良さには気付きませんでした。


なんか簡単なものに挑戦するってナメられてるみたいでいやだなあー
と変な負けん気で避けていたんです。


でも、手に取って読み出してから気づいた事はシンプルな英語に
触れ続ける事の爆発的な成長率なんです。
もうシンプルに、おすすめです。

簡単でシンプルなものの良さはズバリ

 

インプットとアウトプットを同じ素材でまかなえる、という点。

 

どういうことかと言うと、高度すぎる文章や辞書を片手に、でないと読めないものは

そのまま会話では使えないし、恐らくそういうレベルの文章がスラスラ会話で出てくるのは

ずいぶん先の事のように思います。

 

まずは英語学習のスタートの時点で、シンプルなものを選んでおくと

読んでいるものと言いたい事、使いたい事が高確立で一致してきます。

 

非常に会話力アップに直結してるんです。

 

ラダーシリーズ、オススメです。

 

 

 

 

○日常会話が目標の人へ(番外編)


バイリンガール英会話

スクリーンショット 2013-12-16 20.38.31
http://www.youtube.com/user/cyoshida1231

 

リーディングの習慣とは少しずれてしまいますが、
動画を観る事を習慣にしてしまえればそれは1つの立派な英語への取り組みです。


YouTubeで大活躍されているバイリンガルの吉田千佳さんの英会話チャンネルです。


日本のみんなを英語で元気にしよう、という彼女の心からの思いは
観ていてとても励まされると思います。


字幕も付けてくれてるし、なにより日に日に動画の編集スキルがあがり(笑)
格段に毎日面白くなっています。


ぜひ、習慣の1つに取り入れてみては?

 

いかがだったでしょうか?
この記事がみなさんの英語習慣化につながれば嬉しいです。

 

最後に気をつけておきたい習慣化のポイント
2つだけ付け加えておきます。

 

まずは1つだけにする、ということ。


あれもこれも、は習慣につながりません。
まずは1つにしてください。


本当にあなたが習慣化したいのであれば
まずは1つ以上を習慣化しようとすることを禁止します。(敢えて、ですよ)


じゃないと、やる気がある人は

 

おれはいくらでもできるぞ


とあれもやって、これもやって、ということに走ります。


でも、それは今回の話の大前提のダメな取り組み方

「やる気をベースにしたやりかた」

 

なんです。


やる気があるときはなんでもできるんです。


でも大事なときは「やる気がない」時。


その時を支えるのが習慣なんです。
まずは、1つだけにしてください。

 

最後のポイントは1年後も同じ事をしているか?


という発想を持つ事です。

 

不安そうなものはやめておきましょう、絶対1年後やってないはずです。


1年後やっている自分をしっかり描けたら、それをやってみてください。


習慣というのは経験上一ヶ月やったらもうストップするほうが難しくなります。

 

習慣とはつまり簡単なことを繰り返すということ。
よし、やるぞ、なんて気合いが必要な習慣などありません。


気付いたらやっている、これが習慣です。


英語というのは、やればやるだけ伸びるものなんです。
そこには能力も実力もありません。
それが問われるのはあなたが英語でプロになろうとする時です。

 

あなたがF1のドライバーになりたいのであれば、それは
幼いころから巨額の出資を受け、

過酷で高度な訓練をどうぞ血を吐く思いで行ってください。
死ぬ覚悟すら必要かもしれません。

 

ただ、英語を始めたいみなさんがまず目指すところはF1ドライバーではなく、
小回りの効く乗り馴れた車で少し先の近所へお買い物をしに行くことではないでしょうか?


発車させるのに何時間も準備が必要な車では不便でしょう。
車幅が何メートルにもなる頑丈で高価な車だと逆に行きづらいでしょう。

 

毎日、同じ場所へ同じ車で無駄のない道を通り向かう、そのスキルは
同じ事を何度も何度も繰り返してきた賜物です。
能力ではなく反復の賜物です。

 

英語というのは、つまり

 

軽続楽習

 

軽(負荷の少ないもの)

続(続けられるもの)

楽(楽しいもの)

習(学び、気付きのあるもの)


をいかに手に入れるか、なんです。

 

 

継続学習から、「軽続楽習」へ、

 

 


少しあたまのスイッチを切り替え、
まずは習慣にするろころから始めてみてください。

 

そして数年後の自分に指切りしてあげてください。
未来の英語が伸びている自分にしっかり胸を張ってあげてください。

 

さあ、毎日楽しくこれからもやっていきましょう。

 

先日放送した
「ぼくらの英語サミット Vol3」
でも軽続楽習をテーマにお送りしました。

 

少し長いですがお時間があれば是非、見てみてください。

 

http://wailingual.jp/WAILINGUALCHANNEL/