あなたが英語ができない5つの理由 カテゴリ: 英語学習全般


 

1214

 

 

 5、楽しんでいない。

 

英語力が伸びない、
と悩む人の殆どの人を見ていると
言える事、

 

それは

 

 

楽しんでいない。

 

 

という事です。

 

 

手段が目的化してしまう事に近いかもしれませんが
やりたい、から、やらなきゃになり
もっと英語を知りたい、という気持ちが湾曲し
もっと英語をやらなきゃ、と自分を追いつめ始めます。

 

 

その思いはあなたを結果として英語からどんどん離していきます。

 


英語をやらなきゃ、と思っている人は
実際には殆どやっていません。

 


気持ちだけが焦り、結果としてそこから逃げていき、
ああまた今日も何もしなかった、という事になる
パターンを何度も経験していませんか?

 

 

やらなきゃ、と思っている人は一度
学習をやめてみてください。

 

やらなきゃ、と思ってるうちは殆どやっていない
という事実を鑑みると一度やめてすっきりしたほうが
精神衛生上はるかに健康的です。

 

そして、一度どうして英語を始めたのか、
という当初のきっかけに思いを馳せてみてください。

 

その結果、英語なんていらない


という結論がでれば、僕はやめてもいいと思います。

 


全ての人が英語を学ぶ必要はありません。


英語学習は時間と労力を伴う行為です。


もちろん英語ができればいろんな可能性が飛躍的に広がります。
僕自身、

 

英語によって人生が変わったと言い切れます

 

 

ただ、プライオリティーを精査し、
必要でないなら、いつまでもやらなきゃという気持ちだけを
引きずって時間を無為に過ごすより、
やめてもっと必要な事に使った方があなたのためです。

 

また逆に、やっぱりやりたい、
という強い思いに立ち戻れたらぜひ、
その時は思い切って英語学習に戻ってきてください。

 

この動画はシャドーイングという英語学習の方法を
レクチャーしている動画です。

 

どうでしょうか?

 

いやいややってますか?

 

勉強だと割り切って苦痛に耐えてやっているでしょうか?

 

僕には無邪気に英語と戯れながら
オモチャを与えられたこどものようにワクワク
しているようにしか見えません。

 

学習の理想ではないかと思います。

 

学習は学習のためにあるのではなく、
あなた自身をブーストし、
未来への翼を手に入れるために行う事。

 

 

英語を学ぶ

 

 

から

 

 

英語で学ぶ

 

 

へ繋がる橋を渡ることに他なりません。

 

そしてここで僕がこのタイトルを敢えてつけた意味も
述べさせてください。

 

「あなたが英語ができない理由」
なんて失礼なタイトルを付けさせてもらったのは、

 

誰もあなたが英語ができない

なんて思っていない、

 


ことに気付いてほしかったからです。

 

英語ができる、できない
の線引きなどする必要はありません。

 

好きだよという思いを

 

I like you.

 

したくないという気持ちを

 

I don’t want to do that.

 

と言えたらもうそれで英語ができているはずです。

 

そう言えたのはあなたがここまで頑張って来たから。

 

頑張ってきた自分をもう一度褒めてあげてください。

誰かと比べたりする必要なんてどこにもないはずです。
テストの点数であなたの魅力など計れるわけがない。

 

 

あなたの笑顔の数や涙の量など誰も点数にはできません。

 

あなたが英語ができない理由

それはつまりあなたがじぶんをできない

と決めてしまっているからに他なりません。

 

 

誰よりも頑張ってきたあなたを、
そして辿り着きたい場所を夢見るあなたを

だれよりも側で励ましてあげられるのはあなただけです。

 

 

だから、どうか
楽しんでください。

 

方法はいくらでもあります。

助けてくれる人もいます。

 

 

ぜひ、これからも楽しい英語学習ライフを
一緒に歩んでいきましょう。

 

応援しています。