ワイリンガルインタビュー第7回「英語学習者/中山安子さん」 カテゴリ: インタビュー


2ヶ月の留学を終え、英語力はどうなった?
:カナダ自体はどうでしたか?
:人がとにかく親切でした。
 街中では年配の人で忙しそうにしてない人に声をかけるようにしてたんですが、
 みんなそれはそれは親切に答えてくれましたよ。
:向こうでの生活での失敗エピソードなんかはありますか?
:発音が悪くてよく違う案内をされて、地下鉄の駅をよく間違えてましたね(笑)
 「セントジョージ」んなんて日本語みたいに言っても全く通じなくて…。
 後はうまく伝わらなくて、
 エレベーターでよく行きたくもない階に行ってしまったり(笑)
:2か月の留学を終えてみてどうでしたか?
:そうですね、日本での暮らしに慣れているので
 食に関しては満足とは言えなかったかもしれません。
IMG_4507
 後は…
 語学力が伸びた、という実感は、ない…です。
 謙遜でもなんでもなく2ヶ月で伸びたという実感はほとんどないんです。
 ホストマザーとの話もうまくはいかなかったことが多いんです。
:会話そのものがやはり大変でしたか?
:やはり大変でしたね…。
 辞書を引きながら、やスペルを確認しながらの会話は
 時間がかかったりして大変でした。
後は、聞き取りがやはり難しかった。
 パソコンなどの機器的な面でやはり苦労した部分があったが、
 やはり自分が必要なものなんかは自分で主張していかないといけないんだと感じました。
 やはり文化的なところでしょうね、
 こちらが何も言わないと何も不満がないと取られてしまって。
 日本人どうしのように察してくれたり、はなかったですね。
:逆にここが伸びた、というような部分はありませんか?
:まあ、それがあまりないんですよね…(笑)
:え…(笑)
:あ、そうだ。
 日本で当たり前に思っていた
 
 美味しい料理や環境に
 感謝する気持ちでしょうか(笑)
 他の国ではなかなか思い通りにはいかないものですね。
 ある程度の妥協なんかも必要なんだなあと感じました。
:それでも2か月間、英語だけで暮らすという生活は貴重な経験だったと思います。
:ほんとにそうですね。
 それはもちろん社会勉強というか、向こうにいかないと気付けないこと
 知れなかったことをたくさん知ることができました。
 カナダの人は他人に親切で、こちらも他人に感謝するという気持ちが
 大切なんだなあと気づくことができました。
>NEXT  これからの英語学習、そして再留学も?

この記事にコメントする* の入力は必須です

*