第4回「英語講師兼通訳者/鷹森桃太郎さん」 カテゴリ: インタビュー


 

周囲からは変わった家庭という目で見られていた。

 

:辛い経験もされてきたかと思うのですが。

 

:子供の頃はうちは周囲からは変な目で見られていました。
  一定の年齢になると父親と外に行くのが嫌で嫌でたまらなかった時期もありました。

 

  小さな田舎町で英語で会話する親子はとても目立ったんです。僕は目立つのが嫌い
  なので…。
  だからいつか英語なんてやめてやろうと心のどこかで思っていました。
  江戸川乱歩がとても好きだったので、いつかこういう世界に入りたいと思っていました。

 

:よくバイリンガル教育で言われる母語への支障、というものに関してはどう思われますか?
  たとえばインターナショナルスクール出身の日本人が卒業時はビジネスレベルでの漢字や敬語の
  運用が危うく、逆に就職に不利になる、というケースを研究者の方からはよく耳にします。

 

:幼い頃から僕自身はたくさん日本語に触れてきました。
  母親や学校などでの周囲は当然日本語でしたし、本も沢山読んできました。

  僕自身の経験ではそういう一般的な事例でどのように支障が生まれるのかは、
  ちょっと正直わからないんです。

  恐らく日本語と関わる時間、の問題なのだと思うのですが。
  僕自身は英語、日本語ともに多く触れてきました。

 

:その環境で成長していく過程で学校教育とはどう折り合っていったのでしょうか?

 

:世の中には均等バイリンガル(2言語が母語レベルかつ同レベルのバイリンガル)という方がいらっしゃいますね。
  僕が幼い頃はかなり彼らに近い状態だったように思います。
  
  当たり前ですが、小さい頃というのは世界も狭く使う語彙も狭い。
  その中での「均等」なんです。

 

  だから年を重ねるごとに語彙や表現や話題はどんどん増えていくわけです。
  そうなると自分で意識的にメンテナンスをしないとインプットの多い言語の方に 
  偏っていってしまうんです。

 

  なので、徐々に成長に合わせて日本語のレベルが英語を追い越し始めるんです。
  社会や歴史の本を読みながら、幼いながらに「これは英語にはできないなあ」と思う、
  そういうようなことが増えてくるんです。

  情報が洗練されるにつれ自分の英語力の当時の限界も感じていました。

 

:その限界に対して能動的に行っていた「メンテナンス」は具体的にはどういったものだったのでしょうか?

 

:僕は幼い頃からそういう環境だったので、英語に対し特別な熱意を持って接した事は
  そんなにはないんです。
  
  ただ、スターウォーズは字幕なしでずっと見てました(笑)

 

:意外な展開になってきました(笑)

 

:そうですか?スターウォーズって結構難しいんですよ。(笑)

 

:ええ、確かにヨーダは文法がメチャクチャですね。

 

:ええ、そうかと思えばC-3POなどはとても簡単です。

 

:確かに、子供みたいな感じですよね。

 

:はい。映画にC-3POが出て来たら安心しました(笑)
  スターウォーズのエピソード3(現在のエピソード6)は本当に何度も何度も見ました。
  ストーリーを丸ごと覚えてしまうくらいに。

 

:丸ごと覚えるというのは凄いことだと思うんですが、何歳くらいだったんでしょうか?

 

:小学校の5年生くらいだったと思います。

 

:メンテナンスを行うにはあまりに早い年齢だとは思いますが(笑)

  子供心に危機感を感じて意識的に行っていたのでしょうか?

:意識的に、今日はこの文法を手入れするぞ、という勉強はした事がないんですが
  そういう風に映画を何度も見て、聞いて、覚えて、
  気付いたら、あ、もうできてると感じるようにまでなっている。
  そういうアプローチをしていました。

 

  「手入れ」ではなく「面白いからやる」ということを少しずつ、
  途切れないようにやっていた感じです。

 

:極寒の地なんかで蛇口の水が凍って詰まってしまわないようにチョロチョロと出し続ける、
  あれに近いかんじでしょうか? 

 

:それは面白いメタファーですね(笑)本当に、まさにそういう感じです。

 

:よくできた機械は最低限のパワーで駆動させ続ける事が最高のメンテナンスだと、
  よく言います。それに近いイメージですね。

 

:本当にその通りです。
  その「最低限」というのはいいキーワードです。
  昔からよく思っていた事を思い出しました。

  「最低限」というと英語では「基本語彙」ということにも当てはまります。
  僕は中1で英検二級に受かったんです、ある程度の英語は駆使できる感じでした。
  ある時、準一級を持っている女性に出会ったんです。

  二級を持っていたので、準一級の難しさはわかっていたつもりです。
  その方と僕とアメリカ人の方の3人で会話をしたことがあるんです。

  僕の方は会話によどみはなかったんですが、彼女はとてもつっかえながら話している。

 

:uncomfortableな感じだったわけですね。

 

:ええ、とても。子供心に自分より級が上なのになんでだろうと思っていました。
  そのとき、僕は「この人、使い切ってないな」と思ったんです。

 

  僕の場合はBig Wordsはなるべく使わず話すよう心がけていたのですが、
  その方との会話を通じて自分の中の英会話のルールが更新されたような気がしました。
   
  「基本的なワードは使いこなせないといけない」というものです。

 

  新しいインパクトのあるBig Wordsを会話に持ち込む必要はない。
  基本的な語彙を使い切るほどに運用できさえずれば英検3級であろうと
  英会話に関してはクリアできるんだな、とそのとき思ったんです。

 

  その「最低限」稼働している状態を続ける事が大事だなと思いました。
  基本的な英語には思いがけないような幅があります。

  思いがけない心を打つような表現も基本的な言葉から成り立っていることが多い。
  語彙に関して言うと英検3級レベルで充分だと思います。

 

:それに中1で気付いたんですね。

 

:その出来事が僕にはとてもショッキングだったんです。
  それ以前から実はなんとなく感じていたんですが。

  父の職業がら英語の講師の方達とは頻繁に会い、英会話をしていました。
  講師の方達は英会話はできるんです、ただ決して上手ではないんです。
  それを子供心にどうしてだろう?という思いがずっとありました。

 

  とても高名な先生もいましたし、僕が知らない英語の仕組みをしっていたりもしました。
  にも関わらず、なぜ会話となるとこうも上手くいかないのか、と。
  どうしてスムーズではなく、そんなにつまりながら話すのか、がわからなかったんです。

 

NEXT>通訳メソッド3部作完結編「フラッシュスピーキング」