迷ったらコレ!総合判定最強の英語学習教材「NHK語学講座」 カテゴリ: おすすめ書籍紹介


 

タイプ別オススメ講座の組み合わせ

 

1、基礎からしっかり初心者タイプ🔰

NHKラジオ 基礎英語1 月刊(14日発売)   NHKラジオ エンジョイ・シンプル・イングリッシュ 月刊(14日発売)

基礎英語➕エンジョイ・シンプル・イングリッシュ

 

まずは基礎英語の中から自分のレベルにあったものを選んでみてください。

基礎英語1は本当にMy name is ~ レベルから始まるので、少しさすがに

簡単すぎるかも、と感じる人は2からでもいいと思います。

そして英語の学び始めの初期に大事な英語のリズムに慣れる、

簡単な英語を多く聞く、というプロセスをエンジョイ・シンプル・イングリッシュ

でカバーしていく、という組み合わせです。

 

しっかりとした基礎の理解+英語を聞いて理解する量を稼ぐ、

というイメージでしょうか。

 

2、話せるようになりたい!会話重視タイプ

 NHKラジオ 英会話タイムトライアル 月刊(14日発売)  NHKラジオ ラジオ英会話 月刊(14日発売)

 

英会話タイムトライアル+ラジオ英会話

英会話タイムトライアルでどんどん英語をアウトプットする思考回路に慣れていき

ラジオ英会話でより深い英語の仕組みや表現を学んでいく、という組み合わせ。

 

どの他の番組よりもアウトプットを意識したコンセプトになっているのが

この2つであると思います。

ラジオ英会話の方は Say It!と言うコーナーがあって、

一息で5回言ってみるという英語を発話してみるコーナー。

他にも自分が会話の主人公になって英会話をしてみる、という工夫なども

随所にされていて、充分なアウトプットの機会になるはずです。

Say It!で「一息で5回、英語フレーズを言ってみる」のをやってみると

びっくりするくらい頭の中に残るんですよね。

 

FullSizeRender (17)

フレーズの選び方も秀逸。このフレーズなんかサラッと言えたらかなりカッコいい。

 

僕も日本語の発想ではなかなか出てこない動詞などをこの番組で沢山

身につけたという経験があります。

 

3、使えるビジネス英語タイプ

NHKラジオ 入門ビジネス英語 月刊(14日発売) + NHKラジオ 実践ビジネス英語 月刊(14日発売)

入門ビジネス英語+実践ビジネス英語

え?これからビジネス英語を身につけたいのに入門だけじゃダメなの?

とお思いの方。

 

僕のオススメは入門と実践の併用です。

ビジネス英語を身につけたい、という方にお伝えしたいのは

ビジネスで英語を使う、というのは甘くない、ということ。

あはは、間違えちゃった、聞き取れなかったけどいいや、

では済まない、それがビジネスでの英語です。

 

僕自身毎日、英語でビジネスをしていますが高い緊張感を持って

日々取り組んでいます。趣味や遊びではない、だからこそ

初期の頃から現実のレベルに近い実践ビジネス英語の方もぜひ

やってみてください。(食らいつく、という気概も時には大事です)

 

入門ビジネス英語ではビジネスで実際に起こりうるシチュエーションなど

を学べ、また同時に頻出の語彙や表現なども優しくカバーしてくれます。

TOEICでいうと600点くらいのスコアレンジで充分ついていけるレベルだと思います。

 

実践ビジネス英語の方は本当にビジネスで英語を使うレベルならわからないと

やばい、というレベルですが、結構高いレベルです。

TOEICでいうと900点くらいはいるかなと思いますが、

実際このくらいについてこれないと仕事で使える英語、としては

厳しいと思います。

 

ビジネス編はちょっと厳しい言い方になってしまいましたが(汗)、

まずは楽しみながら、でもしっかり現実を見据えて取り組めるように

オススメしてみました。

 

4、TOEIC重視タイプ

 

NHKラジオ 高校生からはじめる「現代英語」 月刊(14日発売) ➕ NHKラジオ 入門ビジネス英語 月刊(14日発売) OR  NHKラジオ 実践ビジネス英語 月刊(14日発売)

「現代英語」+入門ビジネス英語 or 実践ビジネス英語

TOEIC重視で高校生からはじめる「現代英語」?と思われるかもしれませんが

実はこの現代英語で取り扱う英文のレベルがTOEICのリーディングのレベルに近い

ものになっているんです。

 

侮るなかれ、決して簡単ではありません。

扱われている英語音声が一言一句聞き取れているか?

そういう観点でこの講座を継続して聞いていくことはきっと

読解力、また速読力にも繋がってくると思います。

 

ビジネス英語の方の選択はご自身のスコアを目安に入門にするか

それとも実践にするか選んでみてください。

背伸びせず、まずは等身大で行きましょう。

 

5、とにかく1つだけやりたい!タイプ

こういう方には個人的には圧倒的に「ラジオ英会話」を推します。

 

NHKラジオ ラジオ英会話 月刊(14日発売)

 

内容がとにかく包括的、かつ質が高い。

リスニングからスピーキング、語彙から表現、文化背景まで

楽しく学ぶことができます。

 

つい先日、こんな本が出たんですがご存知でしょうか?

 

ラジオ英会話ダイアログ傑作選

Screenshot 2017-04-18 20.15.38

過去の放送の傑作選です。

というか毎回傑作選です、本当に。

 

そのくらい素晴らしい内容なのでぜひ、

とにかく一つに絞りたい!という方はラジオ英会話を

ぜひ始めてみてください!

2008年から始まったラジオ英会話、来年なんと10周年ですね。

 

それでは、最後にNHK語学教材を使う時のポイントだけ押さえておきましょう。

 

ポイント1、

やると決めたらやる

 

まずはやはりこれに尽きると思います。

よし、やるぞと決めたらしっかりやってみる。

 

そのためには本当に興味の持てるもの、

やることのメリットが見えるもの、を選んでから

スタートを切るようにしてみてください。

 

あれもこれも、は厳禁。

きっとやらなくなってしまいます。

よく言う言葉ですが

 

軽続楽習(けいぞくがくしゅう)

最初は軽く続けられるものを、楽く、そして新しいことを習う気持ちで、

ぜひやってみてください。

 

継続のためには教材を買ってみるのがいいと思います。

内容的に為になる、だけではなくお金を払うことの

心理的作用を利用する意味でもオススメします。

 

タダのものより人はお金を払ったものに対して元を取ろうと

する心理が働くそうです。

 

実際、教材があると内容を文字で追えるのでかなり理解は深まるはずです。

FullSizeRender (16)  

【ラジオ英会話4月号より】

 

教材にしかない情報もあったりするので、それもオススメ。

 

ポイント2、

ダイアログは他人事ではなく自分事

 

流れる会話や話されていることを見知らぬ他人同士がしているもの、

と捉えながら聞いているのと、この人は今自分に話している、

と認識するのには大きな差が生まれてきます。

 

聞き取ろうとする意識、聞き逃せない緊張感、

それらの差は積み重なった時大きな違いを産みます。

 

ぜひ、他人事ではなく自分事として常に英語を聞く、

と言う意識のアクセントを加えてみてください。

 

以上、自信を持ってオススメできるNHK語学講座のこの春からの

シリーズのご紹介でした。

 

ぜひお気に入りの番組を見つけて、この春からの英語学習を

楽しんでみましょう!

 

こんな使い方してるよ、と言うアイデアや経験などが

あればぜひコメント欄から教えてください!